本文へスキップ

三重県桑名市の千尋進学塾です。まずは2週間の無料体験入塾から。

電話でのお問い合わせはTEL.0594-82-7773

〒511-0933 三重県桑名市西正和台1丁目7-7

指導方針policy&FAQ

指導方針

方針イメージ

 千尋進学塾は三重県桑名市にある学習塾です。

 小中部は桑名高校・四日市高校への進学を希望している児童・生徒対象の専門です。学校の定期テスト対策から入試対策まで密度の濃い内容で、基礎から応用までコツコツしっかり授業します。もちろん、私立入試対策もします。

 高校部では、桑名高校・四日市高校クラス(集団授業)のほか、一発逆転の大学入試を狙う大学受験生を対象に個別指導も行っております。高3(既卒)向けの集団授業もご用意しております(大学入試対策)。


 わたしたち千尋進学塾が一番大切にしているのは、基礎学力の習得です。

 どんなに易しい問題でも、基礎がしっかりしていなければ解くことができません。しかし、基礎学力をしっかり身につけていれば、どんなに難しい問題でも、立ち向かっていくことができるからです。

 そのためにまず、全ての土台となる国語力を鍛え上げます。直感ではなく、論理的に解いていく過程を身につけます。

 また、数学は難しいながらも基礎からしっかり鍛え上げられる教材を導入し、基礎学力の定着と入試問題にも対応できる力を身につけます。基礎学力の定着から発展内容完成までしっかりと取り組んでいます。高校部では、学校の教科書傍用教材(4STEP)の予習・復習をすることで、自ら考える力をつけます。

 英語では、学校の教科書本文の暗唱・追い読みやミスをした問題をノートに直していく「間違え直しノート」を使用し、効率よく学習しています。リスニング問題の対策もしっかり行っています。

 小中学生の集団授業は、理科・社会の授業もあります。暗記科目は、メモリーツリーやなどを用いて、暗記の効率を高めます。細かくチェックテストをすることで、ほどよい緊張感のもとで学習することができます。

 もちろん、特に中学校の中間・期末テスト対策は重点的に行います。それは、三重県の公立高校入試において、学校の通知表が合否を大きく左右するからです。テストの2週間前には、自習や質問に来る塾生がたくさんいます。

 千尋進学塾は厳しい塾です。そして、そこに飛び込む決心ができたとき小さな奇跡が起こります。

 もちろん、授業の質を上げるため講師も努力を惜しみません!塾講師同士や学校の先生などと、常に切磋琢磨しています。


受講の流れについて

  1. 面談

      面談もしくはお電話で現在の状況をお伺いします。
  2. 無料体験授業

     2週間の無料体験授業をご受講いただきます。


  3. 学習計画の立案

     集団授業の場合は、一人ひとりにあった授業の受け方や注意点をご提案いたします。
     個別指導の場合は、本人の志望校(学科)や目標や現在の学力をもとにカリキュラムを作成し、ご提示致します。

  4. 3者面談

     入塾の目的と生徒・児童の意思を再確認し、問題点があればお互いに解決できるようにします。また、この時点でご納得いただけないときは、お知らせください。
  5. 入塾

     千尋進学塾の指導方針や学習計画にご納得いただけましたら、ご入塾ください。

FAQ よくあるお問い合わせ


中学生の集団授業は、桑高か四高志望でないといけないのはなぜですか?

 千尋進学塾の中学生集団授業は「桑名高校・四日市高校を志望する」ことを募集の要件としております。

 それは、千尋進学塾は小さな塾であるため、1つの学年で2クラス以上を同時開講することができないからです。教室内の学力レベルをできるだけ揃えることで、より濃厚な授業を作り出すためです。

 ただ、小塾は「もとから頭のいい子」だけを募集しているのではありません。

 実際に、中学1年生の秋に学校の内申点がオール3(合計27)の状態で入塾し、その後がんばって桑名高校に合格した子がいます。また、入塾時に全国模試の偏差値が50切っている状態(平均点以下)で、その後がんばって合格した子もいます。

 そのかわり、合格するためには努力が必要です。また、小塾の講師の指示にはかならず従っていただきます。実力がないのになんの努力もせず、講師のアドバイスも聞かないのに合格することはまずありえません。

 したがいまして、募集要件は「桑名高校・四日市高校を志望している児童・生徒」ですが、「桑名高校・四日市高校に合格するためなら努力を惜しまない」という児童・生徒を募集しています。これは、塾としてのサービスの向上のためであり、桑名高校・四日市高校志願者以外の生徒・児童を差別するものではありません。

 教室内で志望校の難易度があまりに違う児童・生徒が混じっていますと、全員にとって適切な課題を出したりアドバイスをしたりすることが難しくなります。また、同じような志望校であれば、児童・生徒同士が切磋琢磨する気持ちも高まります。

 千尋進学塾ではまずは基礎を大切にします。基礎を徹底的に反復します。中学生に100マス計算をさせるのはそのためです。そして、系統立てて応用問題や入試問題まで踏み込んで学習していきます。いきなり難しい問題を解いたり、難しい問題ばかり解くのではありません。

 ただし、演習授業のみの受講ができます。演習授業は1人1人に合わせたカリキュラムを使用するので、志望校による制限はございません。


家では集中して勉強できないのですが、自習室はありますか?

 千尋進学塾では、休校日やイベント開催日以外は自習室を用意しています。

 平日は、学校が終わる時間から、休日は朝から、それぞれ夜の10時まで利用することができます。

 テスト前やテスト中は、朝早くから夜遅くまで利用できます。

 また、授業に入っていない講師に質問をすることもできますし、アドバイスを聞くこともできます。

 演習授業の講師にも質問ができます。


千尋進学塾千尋進学塾

〒511-0933
三重県桑名市西正和台1丁目7-7
(伊藤内科クリニックさん東となり)

TEL 0594-82-7773
FAX 0594-84-5303

2週間の無料体験入塾受講受付中!