一人ひとりを見守る少人数制の塾です。 お問い合わせ

令和3年度大学入学者選抜に係る大学入試共通テスト(旧センター試験)国語の試験について

 みなさんこんにちは、千尋進学塾です。

 令和3年1月16日(土)・17日(日)に行われた、令和3年度大学入学者選抜に係る大学入試共通テスト(旧センター試験)、国語の試験についてお話します。

 今年度、「センター試験」から「共通テスト」へと名称がかわりました。そのような変化の大きい年でしたが、求められる国語の力は同じだと千尋進学塾では考えています。

 小学生・中学生のうちからでも、今からでもすぐに始めるべきことは、まずは漢字の反復練習です。あまり報道されていませんが、漢字の問題の難化が見られました。熟語の深い知識がなければ解けません。日々コツコツと練習する必要があります。

 高校生になってからだけでなく、小中学生のうちからしっかりと学習していきたいところです。目標設定をしながら漢字の実力を上げていくためには、中学生・高校生であっても漢字検定がおススメです。

 どのような形式であっても、国語は「正しく読み、正しく書く」ということが大切です。そのためには、時間を計ったうえで問題を解く癖をつけ、答え合わせの際には時間をかけて解答解説をよく確認するようにしてください。また、記述式の問題も練習することで、マーク式の問題の正答率を上げられます。

よかったらシェアしてください!
目次
閉じる