一人ひとりを見守る少人数制の塾です。 お問い合わせ

1文の理解の仕方 読解力を鍛えどの教科にも通用する能力をつける

 みなさんこんにちは、千尋進学塾です。

 先日、読解力を鍛えることで学習の効率が上がるという話を書きました。学習の効率が上がれば、どの教科の成績も上げられるはずです。

 そのためには、1文の理解の仕方を鍛えることから始めましょう。

 そのためには、どの文節がどの文節に「かかっていっている」のかを理解する必要があります。文節が「かかっていく」とは次のように考えます。

「かわいいネコ」…「かわいい」という文節は「ネコ」という文節にかかっていっています。

「すばやく走る」…「すばやく」という文節は「走る」という文節にかかっていっています。

 このように、どの文節がどの文節を詳しくしたり、説明したり、主語・述語の関係になったりするのが「かかっていく」ということです。

 詳しくする・詳しくされるの関係を修飾・被修飾の関係といいます。なお、被修飾語が用言である場合修飾語は連用修飾語といいます。被修飾語が体言である場合は、修飾語は連体修飾語になります。この場合、「ネコ」は体言なので「かわいい」は連体修飾語に、「走る」は体言なので「すばやく」は連用修飾語になります。

 体言(名詞)は主語になれる語です。用言(動詞・形容詞・形容動詞)は述語になれる語です。

 次に、1文について「かかっていく」という関係を見ていきます。

「赤いリンゴが木から落ちる。」…「赤い」は「リンゴ」を(修飾・被修飾の関係)、「リンゴ」は「落ちる」(主語・述語の関係)を、「木から」は「落ちる」(修飾・被修飾の関係)に、それぞれかかっていっています。

「落ち着いた部屋に茶色のイスがいくつか置いてある。」…「落ち着いた」は「部屋に」(修飾・被修飾の関係)に、「部屋に」は「置いてある」(修飾・被修飾の関係)に「茶色の」は「イス」(修飾・被修飾の関係)に、「イスが」は「置いてある」(主語・述語の関係)に、「いくつか」は「置いてある」(修飾・被修飾の関係)に、それぞれかかっていっています

 なお、説明しやすいように、補助動詞を連文節と考えて、ひとまとめにしています。上の例文ですと、「置いて」は動詞ですが、「ある」は補助動詞です。動詞は自立語です。そのため、本来は「置いてある」を文節に分けると「置いて」と「ある」に分かれます。

 さて、この能力を鍛えるためには「どの文節がどの文節にかかっていくか」を矢印を使って可視化していきます。それを、ある程度かんたんな文章からやってみてください。

 たとえば、小学校1年生の国語の教科書は文節と文節の間にスペースが空いているのでわかりやすいです。徐々に学年を上げて練習していってください。合っているのかどうか分からないときは、学校の先生や塾の先生にこの記事といっしょに見てもらってください。もちろん、千尋進学塾にお問い合わせいただいてもかまいません。

よかったらシェアしてください!
目次
閉じる